サイトの信頼性を上げてCVRを上げるためにするべきこと

高収入のアフィリエイトを続けるためにはCVRを高くする必要があります。CVRとはコンバージョンレイトのことで、どれだけの来訪者が紹介している商品を購入したかと言う割合を示したものです。

広告の表示だけでは大した収益にはならず、成約が主な収入源となるアフィリエイトにとって、CVRが低いままでは高収入にすることは難しいと言えるでしょう。ではその割合をあげるためには何が必要なのでしょう。

そこで重要なのが信頼性が高い高品質なコンテンツを掲載することです。検索サイトの評価のひとつにE-A-Tと言う指標があります。それぞれのアルファベットが専門性と権威性、信頼性を示しています。検索順位を上位にする基準にE-A-Tが高いコンテンツを選んでいると言われています。

なかなか言葉だけでは理解できないと思いますが、要約すれば、ある特定の情報を、しっかりした根拠から適切に伝えると言うことになります。言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、実際にできているところは少ないのが現状です。

そのためには使用するデータや画像について、専門家の意見などから得られたものであることを確実にしなければいけません。また、法的な要件を満たす必要もあります。どこかで使われている画像やデータを勝手に流用しているようではマイナスポイントになります。

根拠の乏しい意見だけの情報もCVRにはつながりません。サイトに訪れる人は正しい情報を提供してくれるところを探し求めています。それを裏切るようなことがあっては、信頼は得られません。

目的・主張がしっかりしていることも重要です。何を行っているのかわからないようなコンテンツでは明確性が低く、信頼を得ることは難しいでしょう。サイトデザインに一貫性がないこともマイナスポイントにつながります。

目的・主張はキャラクターについても重要であると言えます。サイトの情報は第3者の意見でしかありません。内容が正しいとしても、信頼できない人から言われたのであれば信用できないのは当然です。だからこそプロフィールで、はっきりとした専門性を公開しておくことが効果的です。ユーザーはプロフィールからキャラクターを理解して、第3者の意見として受け入れられるかどうかを判断します。

明確性を高めたサイトデザインによって、安心してコンテンツを読むことができます。一度信頼が確立してしまえば、その後も疑われることは少なく、リピート率も高くなります。品質を高く保つことは大変なことですが、CVRの割合を高く保つためには避けて通れない要素になります。