記事を書く前によく調査してコンテンツ構成を決めよう

どんなコンテンツでも人が集まるならアフィリエイトは簡単です。現実はそんなうまい話はありません。コンテンツ構成が悪ければ、せっかく見てもらえたとしてもそのまま他のサイトに流れていってしまいます。そうならないためには、記事を書く前にしっかりとした調査が必要になります。

まずはどのようなターゲットを想定するかが重要です。誰でも興味を持つものであれば、より品質の高い、信頼のおけるサイトに流れていってしまいます。そうならないためには、同じようなところよりも良いものを作るしかありません。つまり同じ内容であれば競合であり、それに勝つ必要があると言うことです。

そのためにはペルソナの構築が重要です。具体的なターゲットを想定することで、年齢、性別、生活環境、性格など細かければ細かいほどわかりやすくなります。ペルソナが決まれば、潜在ニーズと顕在ニーズを把握することが容易になります。

顕在ニーズとは検索意図につながるもので、何が欲しいかを示しているものです。ユーザーは、その言葉を入力して検索することになるので、とても重要です。潜在ニーズは検索ワードに関する関連語や共起語と考えることができます。連想されるワードや派生するワードによって、検索に幅が広がります。

コンテンツ構成を考える上で見出しに関連語や共起語を埋め込んでおくことで、検索に引っかかる確率が高くなり、興味をもたれる可能性も高くなります。それは検索意図につながるワードだからと言う考え方もあります。見出しは顧客の誘因にとても重要です。

これだけの絞り込みができたら、おなじワードで検索されるサイトを確認しておきましょう。競合調査は品質をあげるためにとても重要な作業です。人気のあるようであれば、お手本となる情報が散りばめられています。逆に人気のないようならば何かが欠けているはずです。それを見極めて自分のところでは同じ轍を踏まないように注意しましょう。

競合調査で特に重要なのがQ&Aサイトです。多くの質問が寄せられている内容はそれだけ興味がある人がいると言うことになります。そこをターゲットにコンテンツ構成を行えば、多くの人が訪れるサイトつながるはずです。Q&Aサイトは出来るだけ最近の情報を参考にすることを忘れてはいけません。昔は情報が不足していたものでも今では解決している場合もあり、ニーズが薄れている恐れもあります。CVRを上げるためには事前の調査をしっかり行うことが不可欠です。