SNSを活用して集客を加速させよう

色々なSNSのサイト

収益を増やしたいと思った時に必要なことは、ファンと呼べるユーザーを増やすことです。好意を持っているユーザーはプロモーターとなり、広告塔の役割をしてくれます。その時に重要なのがSNSの活用です。Instagram、Facebookなどの投稿型のものやYoutubeやTwitterなどの情報発信型のものまで、他の人に勧めてもらえる環境を構築します。

検索結果として表示されるものには、広告を含んでいるリスティング広告枠と広告枠を含まないオーガニック検索があります。ユーザーの意見が反映されるのはオーガニック検索の部分になります。そこからユーザーがサイトに訪れることをオーガニック流入と言います。つまり広告にとらわれずに来てくれるユーザーと言うことになり、ファンになる可能性が高いと言えます。

オーガニック流入を増やすために重要なのが、検索順位です。ユーザーが調べ物をした時に実際に目にするのは上位に表示される分だけです。数ページ先の検索結果を見に来てくれる割合は限りなく低いと言えます。いわば検索依存で考える必要があると言うことです。万が一圏外にまで落ちてしまったら、早急な対策が必要と言えます。

そのために重要となるのがSNS対策です。情報の発信を充実させることでブランディングを行い、イメージを良くしていきます。結果として、ファンを増やしてオーガニック流入を増やしことができます。多くの人が支持してくれることで検索順位も高くなり、検索依存の状況も改善されます。圏外に落ちるような自体も避けることが可能です。

SNSの情報が検索上位になることで多くの人に認めてもらう確率が高くなります。また、通常のwebページの閲覧だけでなく、その後も関係性を維持できる可能性が高く、リピーターに繋げることができます。だからこそブランディングによるSNS戦略は重要視されます。

ブランディングを行うにあたって、SNSフィールドのアルゴリズムの理解が重要になります。それぞれのSNSは独自のアルゴリズムを持っています。例えばFacebookは、面白い内容と感じる人が多く、関心事項が個人的なものに焦点が当てられているようなものが重視されています。

Youtubeは、視聴者の再生時間が長いものや概要やタイトルに検索クエリが含まれているもの、評価が高いものなどが上位になります。Twitterはキーワードとの関連性が高いものの方が優先です。Instagramはどれぐらいの頻度で見られているかやフォロワー数の多さが重要視されます。